私がカウンセリング制度を導入した理由💁‍♀️

音楽教室otoでは、入会または体験レッスンを実施する前に
事前にカウンセリングを行います。

子供のレッスンでも事前に話を伺うことは大切ですが
大人の方がより大切なのではと思います。

なぜなら、大人が習い事をする時は、明確な理由があるからです。

大人からバイオリンを始めるのは、柔軟性のある子供とは違って、上達するのが難しいのでは?
と考える方も多いですが、そんなことはありません。

まだ人間を始めて4年、5年しか経っていない子供と比べてしまうと
どうしても身体の柔軟性に欠けてしまうのはもちろんのこと。

人生経験を積んできているんだから当たり前。
身体の癖はもちろん、考え方も人それぞれ。

だけど、大人は言葉に強い。
だからこそ、一人一人とコミュニケーションを取ることがすごく大切だと思っています。

相手の話に耳を傾けること。
自分の話を聞いてもらえるような信頼関係を築けるよう、努めること。

私の性格は、実はすごく感情的。
そう、感情の起伏が激しい代表みたいな人🙋‍♀️
知っている人は知っている。。
けど、そうやって生きるのを、数年前に辞めた。

感情をむき出しにしていいのは、子供の時だけ。
むしろ、子供は子供の時に“喜怒哀楽”全ての感情を表に出せた方が良い。
音楽を表現する上でも、とても良い!✨

そして自分の感情は、他人と関わって自分を知りながら、調整していけばいい。

大人になって“怒”をむき出しにすると、人間関係が壊れてしまう。
いくら信頼関係が築けていたとしても、たとえなんでも話せる友人でも、血のつながった家族でも。

育った環境も、生き方も、価値観もそれぞれなのだから当たり前ですね。

私は自分を知るのが遅かった。
コントロールできるようになるのが遅かった。

色んな人を傷つけたし、迷惑もかけたと思う。。。

だから“大事な時こそ相手の話を聞くこと”が私の永遠の課題😇

生徒さんに
「先生は優しい!」
と良く言ってもらうけど

それは、怒る理由がないからです😊

基本的に、生徒さんに怒ることはしたくない。

“叱ること”はします。
その時は泣いちゃう生徒さんもいるけど、必ず笑顔で帰っていきます。
それは、自分が悪かったことを分かっているからだと思います。

私が下手に怒ると失敗します。
今まで何度も失敗してきました。

負の感情が表に出てしまっている時は、自分に余裕がない時。
つい出ちゃった時は、ごめんなさい😣って思う。

大人は特に、色んな考えを持っていて、色んな事情があります。

カウンセリングでは、そんな色々な事情を考慮した上で
私のレッスンではこんな方法がありますよ!と提案していきたい。

受け入れて、提示して、承諾してもらって。
そうやって生徒さんと一緒に、この教室が創り上がっていくんだと思います。

動画レッスンを始めたきっかけも、YouTubeを始めたきっかけも、生徒さんの声があったからです。
生徒さんからは、私が思いつかなかったことを、教えてもらえます。

カウンセリングやレッスンでは、ぜひ色々な声を聞かせてくださいね♩

どんどん新しい世界が広がるような気がしてます。