バイオリンとの歩み〜幼少期編〜

では、今回は私の話をしようと思います。
いつもほとんどが私の話ではありますが、、笑

私が産まれてからヴァイオリンに出会って、色々な人に出会って生きてきたよ。というお話♩

このお話は何回かに分けて続きます💁‍♀️
全部で何回になるかは、私にもわかりません。笑

今日は幼少期編〜小学生に上がるまでのお話です♫︎


................................................................................



片山さやか。
1990年11月生まれの蠍座♏️
本当は1月に生まれる予定だったんですけど、早く外に出たかったのか2ヶ月も早く産まれてきてしまいました👶

母の地元、旭川の病院で産まれてすぐに救急車で運ばれて大きな病院へ入院。
保育器の中で、たくさんの線に繋がれて、小さな私はがんばっていたみたいです。
母が初めて私を抱っこできたのは、産まれて27日目🤱

実は、去年の大晦日に母の育児日記を見つけて、もう、号泣しながら読みました。
退院するまでの約2ヶ月間、毎日ミルクの量と体重が記録されていました📝
なんだか母の愛に感動してしまって、おかげで私はひどい泣きっ面で新年を迎えて家族みんなで大笑いでした😂♡

そんな小さく産まれた私は、よく寝る子ですくすく元気に大きく育ちました✌️
ヴァイオリンに出会ったのは5歳の頃。
テレビに出演していた、オーケストラのコンサートミストレスが格好良くて
「私もこれやりたい!!」と強く思ったのを今でも覚えています🎻

聞いた話によると、私は産まれた時に右脳が他の人より小さいかもしれないと言われて、
母はそれを気にして、左手をたくさん使うバイオリンをさせたいと思ってくれていたみたいです☺️
そんな思惑も知らずに、私は自らバイオリンをやりたいと思ったと思っていて
母が先か、私が先か、その順番は今だに謎のまま。
私の中では、私が先だと思っているのでそういうことにしています。笑

あ、結局、私の脳みそは人並みに正常なのでご心配なくです!



母はお琴の師範免許を持っていて、昔から音楽好き。
バンドのボーカルもやっていたから、歌もすごく上手です!
父も高校時代に吹奏楽部に入っていたし、音楽は好き。
離れて住んでいる叔母(母の妹)はピアノの先生。
そして4歳年上の姉はピアノ(当時はエレクトーン)を習っていました。

なので、音楽一家というわけでもないけど、音楽好きな家族ではあります。
だから、バイオリン経験者は誰もいませんでした。
家族の中で、私一人だけ👧♩

ちなみに4歳年下の弟は、ピアノもバイオリンも習っていなくて
“ウルトラマンになる!”と言って飛んだり跳ねたりしている、ただの怪獣でした👶

ピアノが置いてある2階の部屋からは、姉のピアノ🎹
バイオリンが置いてある、1階の畳の部屋からは私のバイオリン🎻
リビングでは怪獣が大騒ぎ👶

私の幼少期の練習環境はこんな感じです。

母は耳が良いので、キッチンで料理をしながら、2階にいる姉のピアノ、1階にいる私のバイオリンの練習中に、それぞれが間違えて弾いていたり、弾けるようになっていないのにスルーしようとすると、大きな声で指摘しました。

母「さやか〜!今のところ音程悪くない?」
私「わかってるーー!!」
って。
それで、よく喧嘩したな〜〜💥笑

でも、習いたての5・6歳の頃に母が熱心に練習に付き合ってくれたから、喜びも分かち合うことができて、できなかったことがどんどんできるようになることが楽しくて楽しくて、夏は汗だくになりながら、ほぼパンツ一丁で何時間も練習していたらしいです。

やっぱり、母は偉大ですね!!👩‍👧💗

一番最初に習っていたのは、網走の海岸町で個人レッスンをされていた久仁郷先生。
先生は褒め上手で、毎回丸をくれました。
おかげで、教本がどんどん先に進んで、達成感の連続♩
母からはいつも“レッスンは練習する場所じゃない。練習の成果をみてもらう場所”そう言われて育ちました。
だから、その練習結果にいつも丸を貰えるので、すごく嬉しかったのを覚えています。

おかげで習い初めて9ヶ月で、鈴木のバイオリン教本を4巻まで習得。
褒められて褒められて、育ちました🎻

初めてのバイオリンの発表会で弾いた曲は、『ヴィヴァルディのバイオリン協奏曲イ短調1楽章』と『ビジョップのホームスイートホーム変奏曲』
初めて人前でバイオリンを弾く感覚はなんとも不思議で、発表会というものがあまりよく分かっていなかったように思います。
緊張とかは全くなくて、多分、淡々と弾いていました。
でも、大きな拍手をもらって、上手だったよ〜!と褒めてもらえたのが嬉しかったのは覚えています。

そんな、褒めて褒めて育ててくれた先生から「私はもう歳だからこれ以上のレベルを教える体力がないけど、北見にいるバイオリンの先生を紹介するから、バイオリンを続けさせてあげてほしい!」と母に言っていただき、網走でのレッスンの日々は9ヶ月間で終了。

そして、北見で音楽教室をされている三島先生に出会うのでした〜🌸

網走で久仁郷先生に出会えたことを、改めて感謝致します🍀
...............................................................................

小学生編へ続く♩


※写真は、大晦日の夜に、大きくなった怪獣と一緒に作った雪だるまです⛄️