選曲、そして選択をする日々🎼

音楽教室にとって、大イベントである発表会。
都内で講師をさせていただいている2箇所の教室の今年の発表会は、5月と7月に開催されます♪

5月の発表会には4名の生徒さんが、7月の発表会には15名程の生徒さんが参加予定です☺️

5月に参加予定の生徒さんは、発表会に向けて本格的なレッスンの真っ最中で、7月の発表会に参加予定の生徒さんは曲決めをしている所です🎻

どのくらいの期間で譜読みができて、どのくらいの期間で曲を作り上げ暗譜で弾きこなし、曲を奏でることができるようになるのか。練習量や譜読みのスピードも人それぞれなので、その点も考慮しながら本番までの日数を逆算して選曲します。
そして、なるべくその生徒さんが好きそうな曲、モチベーションが上がるような曲を選曲し、曲の提案をしています。

発表会の曲が難しすぎると発表会に出ることが怖くなってしまう生徒さんもいるし、難しい方がやりがいを感じて頑張れる生徒さんもいます。
今の技術で簡単に弾けてしまう曲だと飽きてしまう生徒さんもいるし、簡単な曲の方が自信を持って本番に臨める生徒さんもいます。

なので、今回はそんな生徒さん一人一人に合った曲を提案できるように、できる範囲で私の力を注ぎ込み選曲してみました!


こちら、選曲に使用した教材達💁‍♀️
夢中で作業をしていたら、見事にぐちゃぐちゃに。笑

そして最近は発表会とは別で、自分のコンサートの選曲になかなか時間がかかっておりまして、毎日頭を悩ませていました🐣
決まりかけていたものが悩みすぎて分からなくなってきちゃっていたので、今回ピアノの伴奏をしてくださるピアニストにSOSを出してみたら、快く相談に乗ってくださいました〜😭!


おかげでほぼ決まってきました✌️💓
信頼できる人に相談するって、大事ですね✨

自分でコンサートを主催するのは約3年ぶりなので、とっても慎重になっております。
そして臆病にもなったりして、、、。それはあまり良くないですね😂


この3年間で私自身、生き方が随分と変わりました。(世界中が変わったか)


簡単に言うと、3年前までの私は、もっとフットワークが軽かったです。

とりあえずやってみよう!
まあ、なんとかなるでしょ!
やってみてから考えよう!

という感じ。

そして、本当に嫌なこと以外は基本的にYESマンでした。

誰かに誘われても、特別用事がなくて嫌じゃなければYES。
頼まれごとをしても、自分ができないこと以外はYES。
何か誰かから要らないものをもらう時も、絶対使わないと思うもの以外はYES。

それはそれで良かったこともたくさんあるんですけど、だんだんそれを自分が望むことではないことに気づいてきて、その生き方を辞めました。
割と自由に好き勝手に生きているつもりだったけど、案外他人軸で生きているところがあったんだなと、気づきました。

だから、今の私は何かを始める時は昔の私以上に何十倍も考えて行動しています。
年を重ねるとそうなるものなのかな?☺️

若い時は勢いでなんでもできた!なんてよく聞きますよね。
勢いと慎重さ、どっちも大事ですけどね🙆‍♀️

勢いと好奇心で東京に来た過去の自分には感謝していますよ〜♪


選曲をしていたら、日々選択の連続だなと改めて思いまして🐒

自分で選べる、選択肢があるというのは幸せなことですね🍀

あれもこれもそれも、自分で決めたことだ!!

さてさて今日も明日も
選曲、選曲、、、選択、選択🏃‍♀️💨